HOME
園の概要
保育内容
保育の特色
園内行事
入園をご検討の方へ
MAP
音楽ひろば
トピックス
個人情報について
リンク
 
園の特色
子どもの本来持っている能力を伸ばす保育
 子どもは宝石の原石です。磨けば光ります。そして、磨けば磨くほど光り輝きます。一方、幼児期の柔軟な頭と体でなければ、身につけることの出来ないスキルがあります。
 当園では、年齢(年少から年長)に合わせて、日頃の保育の中に読み書き・算・体操・音楽のカリキュラムを導入しています。読み書きは、卒園するまでに本が大好きになりスラスラ読めることを、算は計算が得意になることを、体操は幼児期にしか身につけることのできない柔軟性・瞬発力・持久力・バランス感覚をしっかり身に付けることを目指します。音楽も楽しく親しめるように保育に取り入れています。毎日の課題は、その子にとってほんの少し難しいものを与えます。子どもは難し過ぎるものはあきらめ、簡単すぎるものは飽きてしまいます。一生懸命頑張れば何とかできる、そんな課題を与えることが大切です。挑戦して出来ないときの悔しさ、やろうとする頑張り、出来たときの喜び・達成感、これらを繰り返し味わうことで何事にもくじけない強い『心の力』が身に付きます。毎日短時間、個々の興味と進度に合わせて無理のない形で楽しく進めていきます。楽しくなければ決して身に付くことはありません。保育士は、毎日楽しくカリキュラムが進められるように最大限の注意を払います。
 桑都保育園を卒園の後、小学校へ入学して、楽しい学校生活が送れることが大きな目標であり一番の願いです。「落ちこぼれ」これほど嫌な言葉はありません。当園の卒園児には、小学校に行ってから絶対に落ちこぼれて欲しくありません。小学校は楽しいところです。 そして勉強も楽しいものなのです。小学校へそんな橋渡しが出来れば、保育園としてこれほど嬉しいことはありません。
写真
当園で導入している「Yokomine式教育法」について
Yokomine式教育法
 
子どもの成長を実感できる行事
 行事は、年間を通じて季節感や伝統行事を大切に考え、年齢に応じたプログラムを行います。行事は日頃の設定保育とは異なり、園児にとってかなり高いハードルです。しかし、このような簡単に越えられないハードルに挑戦し、乗り越える努力をした場合にのみ得られる成長があります。仲間と協力して、思い通りにならないことを我慢して、目の前の課題にあきらめずに挑戦する。そのような中で、社会性が身についていきます。
 また、行事は日頃の保育の成果を発表する場、お子さんの成長を実感して頂く大切な機会であると位置付けています。お仕事をされている保護者の方は、日頃の送迎時に保育の様子をうかがい知ることは、時間的にもタイミング的にも難しいことでしょう。桑都保育園は保護者と園の信頼関係が、園児の健やかな成長にとって何より欠かせないものであると考えています。そのため、行事を見て頂き、日頃の保育の様子やお子さんと担任の関係なども是非、見て頂きたいと考えております。
 お子さんのクラスだけではなく、他の年齢のクラスも見て頂き、昨年はあんなだったんだ、来年はあんな事もできるんだとお子さんの成長を実感して頂くと共に、今後の成長に大いなる期待と夢を持って頂きたいと考えています。保護者の方はもちろん、祖父母・曾祖父母の方にも数多くの行事に参加して、ご家族でお子さん・お孫さんの成長の喜びを感じて頂きたいと思います。
年間行事
 
安全でおいしい給食
 桑都保育園では、食べることが全ての活動の源ととらえ、安全でおいしい給食作りを心掛けています。そして、園児が給食を通じて、正しい食習慣が身につけられるよう栄養士・調理員・保育士が一体となって指導に努めています。
  たとえば、子どもの嫌いな食材の一つにひじきがあります。ひじきを細かく刻んで肉団子の中に丸めたメニューを取り入れ、ひじきを食べたと認識する場合もあるようですが、桑都保育園では、これはひじきを食べたとは認識しません。黒くて長いひじきをそのまま食べて、初めてひじきを食べたと考えます。そのため、長い期間、調理に工夫をこらし、何度も何度も繰り返し、食べられるようになるまで園全体で取り組みます。決して無理強いはしません。しかし、こうしたことの繰り返しで、不思議なことに卒園するまでには、通常子どもが好まないひじき・切り干し大根などの乾物・酢の物・魚も大好きなメニューになっていきます。苦手な野菜も自分たちで、園庭のプランターで栽培し、そして収穫したものを調理すると克服することが出来ます。好き嫌いの原因のほとんどが、環境(家庭)にあるのは間違いのないことのようです。
  自然の味、本来の味を覚えてもらうために、和風だしは削り節・昆布・干し椎茸を、洋風・中華だしは、鶏ガラ・豚ガラ・無添加天然素材のスープストック・香味野菜を使用しています。粉末だし・化学調味料は一切使っていません。子どもは、本来、天然の味を好むものです。削り節の匂い立つおいしいみそ汁、肉と野菜のだしが渾然一体となった温かいスープは、赤ちゃんから年長児まで皆んな大好物です。当然、おかずにも天然だしが隠し味として、しっかり使われています。
  季節の様々な食材、いろいろな料理を食べて欲しいので、毎日異なるメニューを提供しています。作り手の都合による2週間のサイクルメニューは、桑都保育園ではあり得ません。
  また、離乳食は、単に年齢・月齢ではなく、家庭と連携をとり個々の園児の状況を考慮した段階のものを提供しています。

自慢の給食
 
>>このページのトップへ戻る
copyright © 2007 SOTO NURSERY SCHOOL All rights reserved.